保育士の人手不足と保育士の求人転職について

昨今日本の待機児童問題が叫ばれている中、保育士不足が最も重要な原因の一つです。

 

厚生労働省の「保育士等における現状」のデータによると、

2016年に保育士の求人倍率は過去10年間の最高値と、

全職集合わせると約1.36となりました。

 

また、保育士限定の場合はピーク時には2倍以上に、東京都内に至っては5倍以上と、

保育士の人手不足状況が深刻です。

 

2017年度末で、待機児童に対してトータル約7.4万人が不足するとされています。

 

今回は保育士が人手不足の原因と、

それによる生じる保育士求人に関連するのメリット、デメリットなどについて紹介していきます。

保育士が人手不足となっている要因

人手不足の原因を追究する前に、まず簡単に現状についてご説明します。

 

そもそも保育士というのは資格が必須で、

誰もがなりたいと思えばすぐなれる職業ではありません。

 

しかし、現状資格を持っていても実際保育士として就職しない人がかなり多です。

 

厚生労働省のデータよると保育士資格を持っている人の内、

保育士に就職を希望するのは約半数(51.5%)しかありません。

ではなぜなのでしょうか。

 

理由は主に以下となります。

  • 給料が低い
  • 休みが少ない
  • 子育てとの両立が難しい
  • 人間関係

 

給料と休みに関しては、割りと他の職種にもよくあり、イメージしやすい理由ですが、

子育てとの両立は保育士さんならではの理由とは言えるでしょう。

保育士の就職者はほとんどの場合が女性です。

 

当然保育士と同時に出産して母親である人もたくさんいます。

 

なんとか両立して仕事続ける人もいるが、

給料と休みの問題点もあって結婚や妊娠に伴って退職する人はやはり多いです。

 

また、同僚や保護者との人間関係のことで頭を抱える人も多くいます。

 

上述したように体心ともにハードな労働環境ですので、

保育士の資格があっても保育士として働かない人は多くなったのでしょう。

人手不足のメリットとデメリット

まず、幼児の命を預ける仕事ですので、安全面は当然最も大事です。

 

人手不足のデメリットはなんといっても残業や仕事量が増えることで、その分職場の雰囲気も当然悪くなります。

 

しかも、人手不足でしわ寄せがくる忙しさの中では、事故等が起きる可能性が増えてしまいます。

 

しかし、一方人手不足ということは、求職の機会がその分増えるので、

転職がしやすくなり、それによって労働条件の改善がしやすくなることです。

 

どの保育所でも人が足りていないので、

保育園や施設側も給与や労働環境を改善しようと、

今までと比べてより良い条件で求人依頼を出します。

 

今の条件に不満の場合には、望むような職場に替えることが比較的に容易になりました。

保育士の求人について

求職や転職する際には、保育士や幼稚園教諭向けの支援サイトを一度利用することになると思われます。

 

求人案件には公開求人と非公開求人と、大きく分けられます。

 

それぞれの特徴を端的に言うと、

公開求人の場合、求職者の質よりも数を確保することと、

非公開求人の場合、経験や専門性の高さなどを求められるポジションに対して、

少数だが質の良い人材を確保することです。

 

その際、自分の現状に合わせて求人案件を選ぶのは当然一番ですが、

中にはキャリアを積んで、将来よりよい職場やポジションに就きたくて、

そのため、悩んで求職活動が中々前に進めずにいる人も多くいます。

 

そういう人には、非公開求人案件がお勧めです。

 

実際、非公開求人案件の数は公開の求人案件により圧倒的に多いことがあまり知られていなく、

普段目にできる公開求人情報は氷山の一角でしかありません。

 

上述通り、非公開求人の場合、求職者の数よりも質で、

求人条件が様々で若干名募集の案件が非常に多いです。

 

それをを活用すれば、希望条件に合った選択肢は確実に増えるので、

自分の経験や希望に合う求人案件が見つかる確率も当然その分増えます。

 

その中、非公開求人案件と合わせて

キャリアコンサルタントに相談できる求人サービスも会社によってはあります。

 

ただ、ほとんどの場合、総合求人サービスでは

業界に特化した詳しいキャリアコンサルタントが少ないのも事実ですので、

保育業界内に多角に事業を展開している会社が運営する求人サービスがお勧めです。

 

例えば、園長や施設長など非公開の求人案件が多い

【保育の求人】というラック株式会社が運営する保育士求人サイトで、

同一グループで保育園の運営やベビーシッター求人サービスなども展開しています。

 

その分業界情報が豊富で総合求人サービスが紹介できないのような案件や、

場合によってはキャリアコンサルタントから案件だけではなく、

新しい働き方の提案とかもしてもらえます。

 

将来のことで悩んで中々前に進めない求職者は、

そういった求人サービスに一度問合せしてみてもいいかもしれません。

まとめ

保育士の人手不足が社会問題として取り上げる以上国としても保育士を確保する為の活動を行っています。

 

社会にとって一つ大きな問題点である一方、求職者にとっては大きいなチャンスでもあります。

 

今の現状を変えるのはそういった機会が多ければ多いほど当然いいですが、

最も重要なのはやはり根本的な問題点を見極めることだと思います

 

それが間違えると取り返しのつかないミスを犯して人生を大きく左右しかねるし、

逆にそれによって、社会の問題点をどう自分に有利に使えるかが見えてきます。