お疲れ様です!

なまけものブロガーのっちです!

 

「ブログのアクセスがぜんっぜん集まらない!」なんて嘆いてた訳ですが、

"Twitterの高速育成"なんていう情報商材を使ってTwitterを育てて2週間!

少しづつではありますが、ブログへのアクセスも増えつつあります。

 

でもこの商材、誰しもが使いこなせるものじゃないと思うんです。

人によっては「全然書いてある通りにならないじゃん!これは詐欺商材だ!」なんてなるかもしれません。

説明書、はじめに読む派?読まない派?

そんなことを感じたのも、昨日ふと、

これって日常生活とリンクする部分があるなぁ。

って感じたからなんですよね。

 

趣味でテレビゲームをよくやるんですけど、新しく買ってきたゲームソフトって

「早くプレイしたい!!」の一心で、帰宅したらすぐに開封して、ゲーム機にセットして、

オープニング見て、操作...。

 

説明書が付いてるのに一切見ないんです。

取り出しもしないんです。

 

その説明書を見ずにゲームのエンディングを迎えることもあるのですが、大抵はどこかて詰まって、

あれー?ここどうやるんだろう?ぜんっぜん進めないな

なんてところが出て来ます。

 

で、色々模索するんですけど、説明書を読むとサクッと解決してしまうことも結構あるんですよね。

で、

これ、こんな使い方出来るんだ!もっと早く知っておけば、今頃もっと強くなれてたのに...

なんて後悔するんです。

 

この"説明書を一切読まずに、自己流で進める"ってことに問題があるんですよね。

このゲームの例に限らず、"Twitterを高速で育てる情報商材"にしたって同じことが言えます。

自己流は良くない...?

知り合いに、人材育成のコンサルタントがいるんですけど、

うまくいかない人の特徴は、とにかく"自己流"で進めたがることなんだよね。

なんて仰ってました。

 

 私は今まで、さまざまな国籍・年齢の人たちと働いてきました。特に若手を見て、気が付いたのは、自己流を貫くメンバーは成長が遅く、貪欲に他人の仕事を盗むメンバーは成長が速いということです。

学生時代は、他人の解答をカンニングする行為はいけないことでした。しかし、ビジネススキルを学ぶうえでは、人のものを「見て真似る」ことは推奨すべき行為なのです。

人の資料でいいと思うものは、すぐに盗むのです。いい資料を見ているだけでは自分のものになりません。その資料を参考に、自分流の資料を作成して習得していくのです。

(引用:httpss://diamond.jp/articles/-/160565)

マイクロソフトのある社員が書いてる記事からの引用なのですが、

確かに、"自己流で進めてしまうこと"がうまくいかない人の大きな特徴としてあるみたいです。

ノウハウをしっかり使いこなす秘訣!

自己流で進めたい!」って気持ちはよくわかるんですよね。

ゲームの例にしたってそうですが、

"そんなこと分かってるし、わざわざ再確認してる時間が勿体無い!"なんてなるんです。

 

でも、"忘れてしまってること"って再確認しないと思い出せないし、

その"そんなことは知ってる"って話の中に、知らなかった知識もあるんです。

 

"自己流"なんてのは、基礎をしっかり作った上で、

それの発展系としてやるのでも全然遅くないと思うんですよね。

 

「私は自己流で進めたいんだ!」なんて人は、

"Twitterを高速で育てるノウハウ"は使いこなせないと思います。

 

ノウハウを確実に自分のものにするために!

書いてある内容はちゃんと読んで、ひとつひとつ実践していきましょう!

"Twitterを高速で育てるノウハウ"に限らずですけとね。

 

篠原さん
キングダムハーツ3の発売日決定!

 

女の子
わぁー!テレビゲームですね(*^^*)!

 

 

おすすめの記事