昨日も正月から引き続き、実家でのんびりとしていました。

5年くらい前に買ってきたジグゾーパズルを引っ張り出してきて、
父と、弟と、自分の3人で組み立てていたわけですが、
ジグゾーパズルって何故あんなに難しいのでしょうか。

.

枠から作る人、
模様を合わせる人、
ネコだけ作る人、
それぞれのやり方で組んでいくなかで、

弟「それ、どこ作っとるのw
父「分からんww

という会話がありました。

ピースを回転させたり、じーっと眺めてみたり、
とにかくやりづらそうな父を気遣っての言葉なのですが、

"何を目指してるのか分からない"

という状態で物事を進めるってことは間違いなく非効率なんですよね。

.

成長曲線を理解してれば辛い作業も苦しくはないよ

なんてことを、ある女性起業家さんは言ってました。

"辛くて先の見えない仕事でも、
ゴールのビジョンをしっかりイメージして、
どうやったらそこに行けるのか、
今の自分はゴールまでのどの地点にいるのかを考えれば、
そんなに苦しむことなく乗り越えられるよ"

ということなんですが、このジグソーパズルにも全く同じことが言えるのではないでしょうか。

ゴールビジョン。

すなわち、パッケージのイラストを見ながらピースを組むのです。

分かりやすい、かつ3人のビジョンが一致するので、
作業が捗ること間違いなし!

.

そんなことを提案したら

父「そんなカンニングみたいなことしちゃあかんに決まっとるに!
弟「パズルの醍醐味ってもんを分かってないねぇ笑

袋叩きです!

僕、何か悪いことをしたんでしょうか!

おすすめの記事