自分の思ってることをきちんと相手に伝えるのって難しいですよね。

「さっき言ったじゃん!」なんてぶつかることが多い人は、もしかしたら、

ちょっとしたコツが無くて上手く伝わらなくて、相手が違う解釈をしてるのかもしれません...

 

実際僕も伝えるのは苦手だったのですが...

 

でも、ある一つのコツを取り入れるだけで相手に伝わりやすくすることができるんです^^

 

お疲れ様です!

なまけ物アフィリエイターの篠原さんです!

漢字を覚えるために、同じものを延々と書いたり、社訓を叩き込むために毎朝大声で唱えたり、

"覚えないから"って一人の人に同じことをずーっと教えてたり。。

 

日常生活で、"一定の事を繰り返し"してることって結構多くあると思うんです。

でも、その繰り返し、続けてくうちにどんどん価値が落ちてるんじゃないか!

そんなことをふと思ったんです。

“同じことを繰り返す”とどうなる...?

篠原さん、実はアフィリエイターをやりながら、片方で"雇われの施設警備"の仕事をしてるんですよね。

場所が"新聞社"なので、読者の方から色々なご意見を頂くんです。

 

なかでも盛大なのが"街宣"で、玄関口に車を着けて、拡声器を使って訴えるんです。

「ここの新聞社は、読者の思想を書き換えて日本を転覆させようとしてる!そんなところの新聞は買うべきじゃない!読むべきじゃない!みんなで不買運動をして、この新聞を廃刊にしようではないか!」

みたいなことを、延々と2時間くらい喋り続けるんです。

 

何がすごいかって、同じ曜日の、同じ時間に、同じ人が、

同じような内容のことを拡声器を使って大声で喋るんです。

で、同じような時間に帰る。

 

晴れでも雨でも、暑くても寒くても関係なしにです。

凄まじい、継続力だと思います。凄まじい、鋼鉄のマインドだと思います。

 

街宣もビジネスであって、

"いくらの報酬出すから、新聞社の前で発信してこい"って

雇われなんです。

 

でも、いくらお金を貰っても"意味の無い仕事"って嫌ではないですか?

しかも、何が悲しいかって、街宣のターゲットになってる新聞社の社員とか

完全に知らんぷりなんですよね。

 

また、いつものうるさいやつが来たわ。

 

まさにそんな感じなんです。

同じ曜日の、同じ時間に、同じ人が、同じような内容の事を言ってたらそうなるのも当然なんですよね。

 

この街宣も、最初は「この人たち何するか分からないぞ!危険だぞ!警戒しないと!

ってなってたと思うんです。

でも、今となってはこんな感じ。。。

 

"誰かに対して繰り返し同じことをする"って、どんどん価値が落ちていくんです!

どうすれば“飽き”を感じさせないか...?

テレビのCMにしたって、同じようなことが言えるかと思います。

 

1回目なら、

わぁ!やべぇ!コメダ珈琲店が横浜にオープンする!行かなきゃ!皆に知らせなきゃ!白ノワール1号に俺はなる!!

ってなるんです。

 

でも、2回目、

あぁ。コメダ珈琲店!横浜にオープンするんだった。是非行かなきゃ。

 

そして3回目、

横浜コメダ珈琲店の情報はもういいよ。CMの間にトイレいこ。

 

リアルにこんな感じだと思います。

同じ人に対する繰り返しって、価値は急降下するんです。

 

もしこのCMにバリエーションがあって、そのパターン毎に違う情報を発信してたら、

こうはならないと思うんです。

 

メニュー紹介を少し変えたり。。。

アフィリエイトでも同じことが言える!

テレビCMでバリエーションをつけることは

実際には難しいかもしれません。

 

でも、個人レベルで、バリエーションをつけることは

それほど難しくないと思います。

 

同じ人に、毎回同じ怒り方をしてませんか?

同じ人に、毎回同じような話をしてませんか?

彼女とのデート、パターン化してませんか?

 

アフィリエイトで人を流していく、文章で人を行動させるんだったら、

見てくれた人が飽きない工夫が必要かと思います。

 

一定の感情の文章にならないよう、波をつける。

写真で、見出しでメリハリをつける。

 

そんな、常に読み手の感情を変化させられるような文章を書けたら、楽しいかと思います。

 

アフィリエイター篠原さん、修行が始まります!

 

篠原さん
反復横飛びが大得意でした。

 

女の子
わぁー!多分ちょっと違いますね(*^^*)!

 

おすすめの記事