【いかに"ズル賢く"なれるか】

おはようございます!
なまけものブロガーののっちです!

先日の"1週間丸々無駄にした問題"を真摯に受けとめ、
再発防止策を練ってたところです。

一週間前は目の前の仕事を正攻法で、
一からきっちり片付けようとしてたんです。

"インプレッション0の案件こんなにあるじゃん!"ってなって、
下から順番にキーワード足して、全然終わらなくて。。。

板長さんにも先生にも言われたし、
客観的に見ても酷く効率悪いんですよね。

うーむ。。。

.

考えに考えてて。。。

もうね、"いかにズル賢くなれるか"!
ここに尽きると思うんですよね。

目の前の仕事を正攻法で
一心不乱にやるのは素晴らしいと思います。

社会では
正攻法で一生懸命やらなきゃダメだ!
正攻法で一生懸命やってる人がエライ!
正攻法で一生懸命やって結果を出した人を昇進させよう!
みたいな風潮があるんです。

上司はそうやって成り上がってきた人が多いでしょうし、
"頑張ってる姿"は人を惹き付けるので、
どうしても過程も結果と同じくらい評価されるんですよね。

その結果、見てください!
平日8時30分の新橋駅西口広場には、
死んだ目をしたゾンビがウジャウジャと徘徊してるんです。

違うんすよ!

フリーでアフィリエイターやってて
頑張ってる人が必ずしも結果を出してる訳じゃないし、
頑張ってる姿を評価されて昇進することなんて無いんです!

結果を出して、初めて周りから認められて
「今度一緒に何かやってみようか」
なんてなるんですよね。

裏を返せば、結果出すためなら何したっていいわけです。
勿論、やふーさん、A8さん、法律の
ルールの範囲内であればの話ですが。。

目の前にマンモスが現れたら、
手元にある木の枝と石ころで一人で戦うよりも、
村に帰って武器をもって、
仲間を呼んできた方が確実に、早く勝てるわけです。

マンモスからしたら
「えー!そりゃないわー!どう考えてもずるいでしょww」
ってなります。

でも、一人で、目の前の武器だけで戦うよりは
よっぽど結果が出やすいんです。

.

ということで!
私、単細胞アフィリエイターのっち、
ちょっと考えるアフィリエイターに進化します!

どのみち"バカ"なのには変わり無いんです。
だったら、"ただのバカ"よりも"ズル賢いバカ"の方が
よっぽど早くよっぽどカンタンに
結果が出るんじゃないかと思うんです。

.

昨日、ヤフーさんをいじくってて、面白い機能を見つけました。

キーワード検索機能を使えば、
熱いキーワードだけをピンポイントで
カスリ上げできることに気がついたんです!

大したことない発見かもしれないし、
先輩アフィリエイターさんから見たら
"今更w"な内容だと思います。

でも、こんな"小さくても確実性のある小ワザ"をどんどん見つけて、どんどん取り入れていこうと思います!

あとは、先生にどんどん質問して、
回り人にもどんどんアドバイス貰って、
どんどん検索して。。。

この考えにたどり着いたのは、
青髪パリピYouTuberの動画を見てからなのですが、
思い返せば先生もヒントくれてたし、
オタクサンもヒントくれてたんですよね。

先生「私、基本的なノウハウは普通に教えますけど、効率化の方法とか裏技とかあんまり教えないんですよwちょくちょく小出しにはしますけどねwあんまりにも煮詰まってたら答え教えますw」
.,.この先生、柔らかな物腰とは裏腹に
かなりのスパルタ教育なんです。

オタクサン「目の前のことじゃなくて、結果にフォーカスを当てた方がいいよー。」
...なんと。。言われたのは2週間くらい前です。
その1週間後に煮詰まってるし。。
適格すぎるアドバイス。。。

単細胞!ズル賢いサイホーンに進化!
今なら、突き進めるっっ!!

.

篠原さん「小学2年生から、鉛筆は全部泥棒削りです。」

女の子「わぁー!とってもズル賢いですね(*^^*)!」

おすすめの記事