【ひよこがひよこを創るまで(46)】

一昨日4月3日(火)は一日休みということで、
"作業日"に充てたのですが...

アフィリエイト生活史上最も幸せな、
また今後これを越える幸せは無いだろうくらいの
時間を過ごしました!

といってもパソコンに向かってカタカタやってただけですが。

.

この、なまけものブロガーのっち、
"川屋のさくら餅"の販売に携わることになりました!

僕の実家は岐阜の田舎町で、なーんにも無いんです。
ビルも、繁華街も、デパートも...本当に何も無いんです。

でも、そんな田舎町でも一つだけ
全国に、いや、全世界に誇れる和菓子がありまして、
それが"川屋のさくら餅"なんです!

僕の実家のある岐阜県の田舎町はさくら餅発祥の地なのですが、
それのメーカーとして有名なのは
"川屋"、"山屋"、"天屋"の三社です。

人気を二分するのは"川屋"と"山屋"です。

どちらもそれぞれ特色があって、
好みは分かれるとこなのですが...

篠原さんとしては"川屋"のものが一番美味しいと思います!

いかんせん、"川屋"は実家から徒歩20分の場所にあり、
そこのさくら餅はしょっちゅう食べてたってこともあり、
馴染みの味なんです。

上品な包み紙、
二口で食べられる程よい大きさ、
しっとりとした質感、
甘すぎず桜本来の味を活かした味付け、
粒の残り具合。。。

たまに山屋のものも頂くのですが、
「あぁ、やっぱり川屋には僅差で届かないな」
なんて、毎回そんな感想になるんです。

その、"川屋のさくら餅"の販売に携われるなんて
この上ない幸せ!

LPの文章拘って、画像も拘って、
広告文も拘って、キーワードも拘って。。。

やっぱり"好きな商品"ってなると、
予備知識が桁違いに多いんですよね。

どんなジャンルの賞品か、
一粒230円という価格帯はどうか、
ライバル会社はどこか、
全国展開してるのか、
いつの季節が一番売れるのか、
どの層が購入するのか、
伸びてるのか伸び悩んでるのか
とかとか。。。

この予備知識があるのと無いのでは、
文章も画像も広告文もキーワードも、
全く違ったものになるんです!

.

「売りたい商品はまず自分が好きになれ」
なんて良く言いますが、正にその通りなんですよね。

好きだからこそ、心からお客さんにおすすめできるし、
心から「是非、一回食べて欲しい!」って言えるんです。

この言葉は主に対面のセールスで当てはまることなのですが、
アフィリエイトなんかのwebセールスでも
似てるところはあると思います。

数打ちゃ当たる戦法の方が効率的で、
数打ちゃ当たる戦法の方が結果が出るのかもしれません!

でもそれって本当に"作業"でしかないし、
俺以外の人間でも誰でも出来るんですよね。

でも、
「この商品だから、この商品を愛してるからこそ、自分の手で売りたい!」なら、
どうやったら一番魅力的にアピールできるか、
どうやったら一番多くの人に知ってもらえるか
考えて考えて、きっと自分だけの販売方法で
商品を売ることが出来るんだと思います。

その方が作業事態も楽しいし、売れたらきっともっと幸せ!

一昨日から販売してます、"川屋のさくら餅"!
そんなに高いものではございません。
是非一度、お手に取って食べてみてください。

この美味しさ、この驚き、この感動、
分かち合えたらとっても幸せです!

"川屋のさくら餅"を何卒、宜しくお願いいたします!

.

篠原さん「本文中の"商品名"、"店名"、"桜"の部分は全てフィクションです。」

女の子「わぁー!それじゃぜーんぜん宣伝にならないですね(*^^*)!」

おすすめの記事