【人生にレバレッジをかけていく】

トレーダーの世界に入ってから
"レバレッジ"なんて言葉を知ったのですが、
意識してるとちょくちょく目にするようになりました。

この間行ってきたイベントもそうです。
"レバレッジマーケティングコングレス"なんて感じに
題名のド頭にきてるわけですよね。

ちょっと株を知ってる人が
"レバレッジ"なんて言葉を聞くと、

「あぁ知ってる。大きなリスクを背負いながら大きなリターンを得るやり方でしょ?ムリムリ。俺は堅実派だから。」

なんて感じで突っぱねられるんです。

半分合ってはいるのですが、半分間違ってますよそれ!

"レバレッジ"は"テコの原理のテコ"の意味で、
本来"リスク"の意味合いは全く含んでないんですよね。

"小さな力で重いものを動かす"
これがレバレッジの本質なわけです。

.

この、"レバレッジ"が最大テーマだったこの前のイベントでは、

"他人を最大パフォーマンスで働かせ、自分の組織の本来持ってる力よりも大きな力で回しましょう"

"SNSの仕組みを相互作用させて、本来の力以上の集客をしましょう"

"ブランディングの力で高いランクの顧客を獲得し、本来の収入を何倍にもしましょう"

"youtubeの力と、主要メディアの移り変わりの流れに上手く乗り、本来持ってるものよりも何倍もの影響力を持ちましょう"

"身近な先駆者の考え方を自分の中に落とし込み、本来の考え方以上のパフォーマンスを発揮させましょう"

なんて感じでした。

上のやり方って、
全て「個の力+何か」で
レバレッジをかけてるんですよね。

"個の力+方法"

"個の力+仕組み"

"個の力+魅せかた"

"個の力+捉え方"

"個の力+考え方"。。。

これって、なにもビジネスやトレードの世界だけじゃなく、
生活レベルでも使っていけるのではないかって思ったんです。

身近なところでいくと、

「コーヒーを飲んで得た覚醒作用で、本来の思考以上のパフォーマンスで仕事をしよう」とか、

「ちょっと考えが煮詰まってしまったからあの人の思考を借りに行こう」とか、

「常に明るく振る舞っておいて、他人が力を貸してくれやすい環境を作っておこう」とか、

「あの人に、あのスキルを教えて貰いに行って、速攻で自分のモノにしよう」とかとか。。

何かスキルを持ってしまえば、

「自分のスキルとあの人のスキル組み合わせたら更にスゴいものが出来上がるじゃん」とか、

「あの人、あんな良い商材を持ってるんだから自分のスキルさえあれば流行らせること出きるんじゃない?」とか。

.

全部、"個の力+何か"だし、
"いかに巻き込んでいくか、巻き込まれていくか"
だと思うんですよね。

感じの悪い言い方をすると、

「いかに回りのもの上手く利用して、自分の+の方向へ作用させられるか」

って感じです。

自分よりも上のステージなのか、同等なのか、
下なのかは
全く関係なくです。

なので、力になってくれそうな人には
積極的にコミュニケーション取りに行って、
そういう環境を作ることを心がけようと思いました。

多分その方が、一人ぼっちで一生懸命やるよりも
一億万倍、百億万倍楽しい!

勿論、"個の力"も高めつつです!

要は
「とりあえず、温かい珈琲飲みませんか?」
ってことです(^q^)

.

女の子「意識高い系の篠原さんは普段どんなコーヒー飲まれるんですか?ブルマン?コナ?それとも伝説のコピルアク?...ワクワク!」

篠原さん「僕が普段から愛用してるのはブレンディです。強い苦味と仄かな酸味。それを統率するかのような豊潤なk...」

女の子「わぁー!インスタントですね(*^^*)!」

おすすめの記事