【ひよこがひよこを創るまで(32)】

昨日はキーワードの金額メンテに追われた日でした。

勤務中に当たりキーワードの金額調整を終わらせ、
帰宅してからもカスリキーワードの調整を休み休みやってて。。。
翌0時30分になんとか、1500件程の調整を終わらせました!

計算じたいは小学生レベルなのですが、
それを延々と続ける。。。
就活の時にやった、ナントカテストみたいです。

被験者に単純な足し算引き算を30分くらいやらせ、
描かれた波形によって、その人の性格を判断するなんていう
アレです。

あんなこじつけみたいな診断で何がわかるんだw
死ぬほど疲れるしw

.

調整をして、その日のうちに反応が出るのは面白いですね。
インプレッション数は格段に上り、クリックも増えてきました!

でもです。
"売れない"んですよね。。。

実は、一昨日まで4日間くらい、
全然なにも売れなくなってて、昨日も売れない。

案件数は増えて、クリックも増えてるのに。

"先週まで毎日ポンポン何かしら売れてたじゃん!なんで?広告費は増えて、売り上げは上がらない!"
なんて思ってしまうんです。

原因は、メンテ不足による無駄クリックが嵩んできたとか、
美味しくない案件が上位に来てるとか、
その辺りかと思うのですが。。。

そうなると問題なのは"マインド"の方なんですよね。

"この、売れない状態のまま広告費だけ上がってたら大丈夫?"
"やり方間違ってたのか?"
"文章適当すぎ?"
"広告文で煽りすぎなのか?"

とかとか。
しまいには

"広告費に対する利益率は200%を目指してるってことは、売り上げの半分でしょ。30万円の利益を、出すには広告費30万くらいかけるのか。ということは売り上げが60万くらいないとそれくらい行かないな。"
"売り上げ60万?本当に行けるのか?脱サラなんか夢のまた夢じゃない?"

なんて考えるんです。
こうなると、モチベーションも下がるし、
行動スピードも格段に遅くなるし、楽しくないんですよね。

ふぅむ。

.

色々頭をぐるぐるしてたけど、
「俺はコミュニティのサイホーンになります!」
なんて言ったことを思い出したんです。
サイホーンとは、ポケモンのアレです!

何故、スパルタンの兵士たちが強かったか。
"勝利"だけを信じ、"死"を考えなかったからです。

何故、大阪のおばちゃんは強いのか。
「この発言をしたら相手はどう思うだろう」
なんて余計なことを考えずに、とりあえずコミュニケーションを取るからです。

ある漫画のおじいさんもこんなことを言ってました。
「なんでワシら年寄が強いか分かるか?死に対する恐怖が無いからじゃよ。」って。

そうです!
"負の感情、余計な感情は一切持たずに行動する"ってことは
ある意味最強なんです。

最高のパフォーマンスを発揮できるんです。

なので、ぼくもアフィリエイター3ヶ月目にして、
サイホーンになってみようかと思います。

"どうせやるなら常に全力で!常に楽しく!"です(^o^)

.

"いちど はしりだしたら とまらない。のうみそが ちいさいので はしってる りゆうを わすれてしまうほど あたまが わるいのだ。"

2004年9月発売
ポケットモンスターエメラルド
ポケモン図鑑"サイホーン"より抜粋

おすすめの記事