【新説!やる気関連のスイッチは2つあった!】

普通に生活してても、なぜか
"やる気に満ち溢れてる時間"と"やる気の全く出ない時間"の
大きな差がありませんか?

その厄介な"やる気"について、24時間ずーっと考えてました。

というのも、一昨日の"大崎講義"の日が、
"講義時間以外やる気の無い人間"で
過ごしてたからです。

.

9:00目覚ましが鳴り、9:30起床。

11:20日記ネタ調べて書き終わる。

12:30「とりあえず5件出稿したし、ご飯(正月余りの餅)でも食べるか。」

14:00「毎日目標の10件出稿は終わったし、ストック貯まってるしGIMPで遊ぼう!」

16:50「講義の時間だ。大崎で行かなきゃ。」

20:00「講義終わったし、帰ってご飯食べてストック増やすか!あ、職場の先輩に借りてきてた映画もあったな。その時になったらどっちやるか決めよ。」

21:00うどん2玉に多めのつゆ、180gのブロックハムを入れたうどんが夕食
「あー食べ過ぎたな。映画でも見るか。」

23:00「映画面白かったな。Facebookで遊ぼ!」

翌2:00「風呂入って寝るか。」

こんな感じで過ごしてて、
せっかくの一日休みだったのに成果物は
"10件出稿、講義内容、遊びで作ったもの"
だけです。

なんともったいない!

.

やっぱりスイッチは
"やる気スイッチ"、"だらけスイッチ"の2つ存在するんです。

"やる気スイッチON"にするためには
"だらけスイッチOFF"にする必要があるし、
"だらけスイッチON"になってしまうと
なかなか切るのは難しいんですよね。

原因はいくつかあって。。。
・コンスタントに毎日何かしら売れてたものがその日はなかなか売れなかった
・ストックが貯まってて、増やすことの緊急性を感じなかった
・ご飯をお腹いっぱい食べ過ぎた
・雨でなんだか気分もどんより
・寒い
こんなところです。

上の天候や気温に関するものはどうしようもありませんが、
"売れなかった"、"ストックが貯まってた"は
やる気スイッチを入れれば良いだけです。

"お腹いっぱい食べ過ぎた"なんてのは
"だらけスイッチ"が入ってしまいやすい一番の原因だし、
買い物の段階で気を付ければ済む話なんですよね。

「なるべく"だらけスイッチ"の入る原因を作らずに、やる気スイッチを入れれる状態を作っておく」ってことが
大切なんじゃないかなぁと思った昨日でした(^o^)

.

ただいまの出稿数は280件、作成ページは323件!
3月11日のとりあえず300件出稿に向けては悪くないペースです!

目指せ300件出稿!
目指せ350作成!
作るぜ主力稼ぎ柱!

おすすめの記事