【成功者になりたければ俺の真似をしろ】

この言葉、聞いたことある人結構いると思います。
もしかしたら使ってる人もいたりするのかな。

僕自身、ナマで聞いたことあるし、
鵜呑みにしてた時期もありました。

この言葉ってすごーく使いやすいんですよね。

使う側は本人が言うのだから説得力が出るし、
自分のことだからいくらでも答えられる。

そして、仕掛けられる側にはとても刺さりやすいんです。
シンプルで分かりやすいし、

「あ、俺もこの人と同じことをしたら成功してお金持ちになれる!簡単じゃん!成功者まで一直線だー!」

なんて、なっちゃうんです。

.

正直、
"俺と全く同じこと"
をし続けられれば今よりも成功者に間違いなく近づけるんです。

ただし、中途半端な"同じこと"じゃなくて
"徹底的に、バカみたいに、何の疑問を持つこと無く"
"同じこと"をし続けなくてはならないんです。

この"徹底的に、バカみたいに"のところがとっても高い壁です。
おまけにツルツル滑ります。

「あなたにこの壁を越える自信はありますか?」

「あなたの弟子になるかもしれない人に、この壁を越えさせてあげる自信はありますか?」

「無責任な発言、してませんか?」

ってことなんです。

.

この
「徹底的にこの人の真似をして、明日から俺も成功者一直線だ!」
ってなってる人は本当に成功者になるのかもしれません。

でも、何かの拍子にちょっとマインドが揺らいで
「あ、今日は見たいドラマがあるからいいや」とか
「今日は疲れてるからいいや」とかとか。。。

で、ゆくゆくは
「俺とこの人は違うから成功者にはなれないや」
なんて考えになってしまう人、少なくないと思います。

.

そうならないためには、
"相手の中に行動の根拠を持つのではなく、自分の中に行動の根拠を持つ"
ことが大切なのではないでしょうか。

そう!一昨日、ぼくがコラムで読んだ内容です!

「この人みたいになる!」ではなくて、
「この人はこうだけど、自分はこういうふうになりたい!」
という感じです。

で、最終目標を目指すだけだと
「あ、無理かも」ってなりやすいので、

「今日は自分の定めた数値目標をこなす」
「3カ月後には高級和食店でランチする」
「2年後には会社を興す」
「10年後には日本一の会社にする」
「最終的には動物の研究施設を作る」

みたいな、細かい"自分のための目標"を設定をするんです。
それに向かって日々、1秒1秒を意識しながら動くんです。

この方がよっぽど折れにくいマインドを作ることが出来るし、
"徹底的に、バカみたいに真似をする"よりも遥かに簡単です。

これから始まる今日は
"誰かの真似をした今日"ではなくて、
"あなた自身の今日"なんです。

その方が楽しいですよね(^^)!

.

女の子「じゃぁ、篠原さんは憧れててなりたい人とかいないんですか?」

篠原さん「ぼくがなりたいのはしゃちほこです!」

女の子「わぁー!名古屋ですね(*^^*)」

おすすめの記事