【"絵"を仕事にするって物凄く大変なんだよ】

知り合いに"絵"が趣味の人がいて、

「今、20万の液晶タブレットが一番欲しいんすよ。」
「ネット上で絵のコミュニティに入ってて、日本中に知り合いがいるんです。今度そこの女の子とデートするんすよ。」
とかとか。

その人はネットもリアルも"絵"を中心に生きてるんです。

.

その人に
「そんなに絵が好きならそれで食ってきゃ良いじゃん」
なんて軽く言ったら

「篠原さん、絵で食べていくってどれほど大変なことか分かってます?」
ってちょっと怒られました。

その人の説明では

「個人の絵師がアピールするのはTwitterとかpixivとかのsnsが主流。だけど"コピペ"なんて日常茶飯事だし、透け文字入れたり変換形式でプロテクトかけても、いくらでもコピーのしようがある。だから、趣味程度だけどクオリティのくっそ高い絵師って五万といるんだよ。」

らしいです。

"なるほどなぁ"って思ったし、
彼が絵を仕事に出来ない理由も分かりました。

でもです、
"人の心を動かせる絵を描けるスキルがあるのに、使いこなせない"
って物凄く勿体ないと思うんですよね。

"何か"と"クオリティの高い絵"の融合で、
その"何か"の価値を飛躍的に高められるのではないか
なんて思うんですよね。

.

"物語"と"絵"の融合が漫画になるように、
"何か"と"何か"の融合って本当に可能性があると思うんです。

"マスク"と"たまごの皮膜"とか
"ニンテンドーの有名キャラクター"と"シャクレルプラネット"とかとか。。。

ブログだってそうです。

僕は、はてなブログの"ハルオサン"のファンなのですが、
あのブログに"絵"が無ければ
ファンになってなかったと思うんです。

ネットの普及が爆発的に広まってる今、
"SNSアイコン"とか"ブログ"とか、融合させることで
無限の可能性が生まれるのではないでしょうか。

"絵師本人"の意見じゃなくて、
端から見たトーシロの意見なのですが、どうでしょうか。

.

僕だって本当は全部オリジナルで毎日日記を書きたいんです!
なので、今日はちょっと頑張りました!

「フリー素材?使ってませんよ。」

「コピペ?してませんよ。」

どうです?このおさかなさん。
美味しそうでしょ(^o^)?

おすすめの記事