【ご来店、投稿、タグ付けありがとうございますまたのご来店お待ちしております😊

Instagramでの僕の投稿に頂いたコメントなんですけど、
コレ、めちゃめちゃ凄いです!

僕は写真を撮るのが好きで、
ちょくちょくインスタグラムにもアップしてる
食べ物系中堅インスグラマーです。

食べ物の写真をアップして、タグ付けとかすると
たまーに企業さんとかから題名みたいな
コメントを頂けるんですよね。

.

インターネットを使わずに、
企業がお客さんにできることっていったら

「欲しそうな人に宣伝する」とか
「丁寧な接客」とか
「レジでお礼を言う」とかしかありませんよね。

その場合でも、お客さんの心を掴んで、
リピート率を高める効果はあるとは思います。

ですが、記憶に残ってなかったり
一過性で終わってしまう可能性も高いんですよね。

でもインスタグラムなどのsnsを利用して
コメントでお礼を言うことで、
「記憶に残るし、記録にも残る」んです。

で、写真を見返してた時にコメントが目に入って
「あ、またいってみようかな!」なんてなるのです。

もちろん企業からしたら、
「自身のことを投稿してもらう」
っていう大きなハードルがあるわけですが...

投稿してもらった"芽"をないがしろにしないで、
一つ一つ丁寧に拾っていけば、
かなりのリピートを獲得できるのではないでしょうか。

投稿してるこっちとしても好きで投稿してるので、
「やべぇ!今日行った元町のコメダ珈琲店さんからコメント貰っちゃったよ!しかもフォローバックまで...!」ってなるんです。

.

「Twitter、Facebook、Instagram、LINEは、商材を持ってる人がこぞって利用してます!」って有名な起業家さんが言ってました。

その時は「ふーん。」くらいにしか思わなかったのですが、一昨日、その意味がやっと理解できました。

これらの登場によって、

企業と個人
役者と個人
販売者と個人
クリエイターと個人
芸能人と個人

など、あらゆるものと個人の距離が劇的に近くなったんです。

自分からガツガツ声をかけてく営業は
「シャットアウトされやすい」などのデメリットもあります。

ですが、題名のようなフォロー的な営業であれば、
「押し売りは一切無い」
「画面内で完結する」
「効果は絶大」などなど、
本当に多くのメリットがありますよね。

"承認欲求を上手く利用した新しい形の営業"

だと言えるのではないでしょうか!

.

営業だって知りながらも舞い上がった私は、
コメダのプリペイドカード"コメカ"を作り、
"金シャチ会員"にもなりました(^q^)

はじまるコメダLife!

おすすめの記事