お疲れ様です!

正社員とアルバイトを行ったり来たりしている

なまけものブロガーのっちです!

 

高校や大学を卒業後、「就職する」といった選択肢を選ばなかったり、

就職しても長く続かなくてすぐに辞めてしまったり、

 

この記事を読んでくれてる人は、

今現在、サラリーマンとして働くことを辞めた。

もしくは、サラリーマンとして働かないことに決めた人たちだと思います。

 

一般的なサラリーマンのイメージって、

  • 興味のない仕事でもやらなくちゃいけない
  • 毎日同じことの繰り返しでやりがいを感じない
  • 働いてる時間が長いので自分の自由な時間が取れない
  • 人間関係がめんどくさい
  • 人生が無意味なものに思えてくる

等々、上げればキリがないですが、マイナスのイメージを持ってる人が多いですよね。

 

要は、“サラリーマン=クソつまらない

のイメージを持ってるひとがとても多いんです。

 

冒頭でも上げましたが、僕も正社員とアルバイトを行ったり来たりしていた時期がありましたし、

「サラリーマンなんてクソつまらない!」

と思っていた時期もありました。

関連;会社を辞める理由...不動産営業が24時を過ぎても帰れない理由とは!

 

今現在、「就職する」といった選択肢を選んでなかったり、

クソつまらないという理由でサラリーマンを辞めた方は正直、大正解だと思います。

 

細かい理由は一切抜きにして、サラリーマンって実際クソつまらないですもん。

 

ただ、サラリーマンの仕事をするメリットもあるんです。

サラリーマンとして働く意味合いや、

「なぜ、クソつまらないと思ってしまうのか」などをお伝えできればと思います。

 

この記事を読めば、あなたの「サラリーマンに対する考え方」が、少し改善されるかもしれませんよ。

生涯賃金に大きく差が出る...!

まず一番わかりやすいところの、お金の話をさせてください。

 

サラリーマンとアルバイトでは、生涯賃金に大きく差が出る

ということは多くの人が認識してる事実なのですが、ここでは具体的な数値を出してみます。

アルバイトの生涯賃金
・22歳~60際までの“38年間”
・ボーナス無し
・完全週休2日
・一日8時間労働
:時給1,000円
で計算してみると...
1,000円×8時間×5日=40,000円/週
40,000円×5週=200,000円/月
月200時間労働 月収20万円
200,000円×12カ月=2,400,000万円/年
2,400,000×38=91,200,000円/生涯
生涯賃金:9,120万円

これを見ると、

「月収20万円あれば一人暮らしであれば暮らしていくには充分だし、悪くないじゃん」

と思う方も多いかと思います。

 

一方、サラリーマンとして働いた場合を見てみます。

サラリーマンの生涯賃金
・22歳~60際までの“38年間”
・ボーナス年2回(2カ月分)
・年間休日120日
・退職金あり
・昇給あり内訳…
(22~24歳:210,000円/月
(25~29歳:240,000円/月
(30~34歳:280,000円/月
(35~39歳:310,000円/月
(40~44歳:340,000円/月
(45~49歳:380,000円/月
(50~54歳:400,000円/月
(55~60歳:400.000円/月

で計算してみると...

(22~24歳

210,000円×12カ月=2,520,000円/年
賞与 210,000×2=420,000円
2,520,000円+420,000円=2,940,000/年収
×3年間=7,980,000円


(55~60歳
400.000円×12カ月=4,800,000円/年
賞与 400,000×2=800,000円
4,800,000円+800,000円=5,600,000/年収
×6年間=29,600,000円

+退職金15,000,000円

こので38年間の計算すると、
生涯賃金:1億7,348万円

アルバイトの生涯賃金との差は8,228万円、およそ2倍近くもの差が出てます。

 

あくまで平均値であり、この計算よりも高い場合も低い場合もあります。

ですが、ザっと計算しただけでも少なくとも金銭面においては

クソつまらなくてもサラリーマンとして働くのには大きなメリットがあることはお判りいただけたかと思います。

半強制的にスキルアップできる...!

別視点から「クソつまらないサラリーマンとして働くメリット」を見てみます。

 

サラリーマンとして働くメリット、それは“半強制的にスキルアップしていく”ということです。

 

どういうことかと言うと、サラリーマンとして働く上では、良くも悪くも“あからさまにサボることは許されない”んです。

これが“サラリーマンはクソつまらない”と言われている大きな要因だったり、逆に良い面でもある訳ですが...

 

サラリーマンとして働く以上、仕事で求められた成果を上げられなかったり、

仕事が遅かったりすると怒られたり、アドバイスを貰えたりするんですよね。

良くも悪くも「お尻を叩いてもらえる環境」なんです。

 

アルバイトでもそういう面はあるのですが、サラリーマンとして仕事をするよりも遥かに優しいものです。

 

サラリーマンとして仕事をするのであれば、どこでも自分の能力以上の事を求められるので、

着実にレベルアップしていけますし、半強制的にスキルアップもしていくんです。

 

僕の友人に、漫画家志望だった友人がいます。

大学卒業後も漫画家になる夢が諦められずに、アルバイトで食いつなぎながら空き時間に漫画を描く。

出来た漫画を出版社に送って、毎月審査を受けている。

1年間は休みなしでそんな生活を送ってたけど、次第に息抜きのパチンコの時間が増え...

現在ではフリーターをしながら休日にパチンコを打つ生活

 

いくらやる気があっても、それはずーっと半永久的に続くわけでは無いですし、

ある日心がポッキリ折れてしまうこともあるんですよね。

 

僕も人のことは言えないんですが、“クソつまらないサラリーマンとして働くメリット”は

極度のなまけものにとっては大きなメリットなんです(笑)

関連:なまけものブロガーのっち自己紹介!

サラリーマンはクソつまらない生き方なのか...?

お金の面、スキルアップの面から、“サラリーマンはクソつまらない生き方なのか...?”ということを見てきましたが、

結論から言うと「メリットは大きいけど、やっぱりサラリーマンとして生涯生きるのはクソつまらない」んです。

だって、興味のない仕事を延々と続けるわけだし、多くの時間を取られるわけだし...

 

でも、“仕事内容が興味のこと”だったり、“サラリーマンとして働いた先になりたい自分がいる”のだったらどうでしょうか?

多少は嫌なことや辛いことがあるかと思いますが、

少なくとも“人生が無意味なものに思えてくる”なんてことは無いのではないかと思います。

 

それを踏まえて、もう一度、「自分は本当は何をやりたいのか」をゆっくり考えてみてはいかがでしょうか?

 

篠原さん
未来の見えてないサラリーマンほどクソつまらない生き方はないですよ。

 

女の子
わぁー!今日何回“クソ”って言ったんですか(*^^*)?

 

おすすめの記事