お疲れ様です!

ツラいことからはとことん逃げてきた

なまけものブロガーのっちです!

 

振り返ってみれば...

新卒で入った不動産会社を3カ月で退社

関連記事:会社を辞める理由...不動産営業が24時を過ぎても帰れない理由とは!

その後は室内遊園地のお兄さんとして働きながら公務員試験をしてたけど、勉強に身が入らず挫折

関連記事:なぜ、あなたは赤ちゃんをあやせないのか

次に就いた機械メンテナンスの職は地方出張の多さと機械油が好きになれず9カ月で退社

“植物が好き”って理由だけで五反田の花屋さんでも働いたけど水を運ぶだけの業務内容がつまらなくて1カ月で退職

全てがどうでもよくなって警備員をしながらMLMの団体に入ったりアフィリエイトやったりして路頭に迷う

関連記事:僕が"ライフスタイリスト"を辞めた、たった1つの理由。

「このまま警備員しながら体を壊して死んでいくのだけはヤダ!」って思って突然就職活動を開始。

関連記事:DODAの無料キャリアカウンセリングが想像以上に優しかった話。

関連記事:会社を辞める理由!“ゆるブラック企業”って知ってる?

「ネットビジネスの知識をもっと深めたい」と思い、SEOコンサルタントの会社に入社

 

自分で改めて見てみると相当重度の人生迷子ですね(笑)

 

これだけ転職回数が多いと職歴はガタガタだし、書類審査自体が通過しにくいし、通過したとしても面接の場では突っ込まれまくるし...

とにかく就職活動事態の難易度がグーンと上がってしまうんです。

 

ただ、そんな僕でも今は「アフィリエイトからの発展で、ネットビジネスの知識をもっと深めたい!」

と思った頃の第一志望の会社に入社することが出来ました。

 

その方法をお伝えできればと思います。

 

職歴ガタガタでも、自分の取り柄が見つからなくても、年齢がネックでも、決して自分の未来に妥協しないでください!

諦めさえしなければ、分かってくれる人に必ず出会えます。

企業なんて山ほどあるし、人事の人も十人十色だし、その企業ごとの「就職活動の正解」ってのがあるんです。

就職活動に正解はない...!

就職活動で一般的に言われてるのは、

・3年以内の短期で離職してると次がなかなか決まらない。繰り返すなんてもっての外。

・“新卒”はプラチナチケット

・履歴書は手書きじゃなきゃ印象が悪い

・インターンで企業に自分を売ってこい

・面接の時に人事と盛り上がると通過する確率は高い

などなど...

 

一般常識から都市伝説的なことまで含めて挙げるとキリがありません。

もちろん、全て“間違い”ってわけではないですが、これらはあくまで“多くの企業がこういう傾向にある”ってだけです。

全ての企業にあてはまるわけではありません。

 

なので、

・短期離職を繰り返してはいるけど、自分の弱点を知ってる人材が欲しい

・新卒ではなく、ある程度の社会人経験がある人が欲しい

・手書きの履歴書なんて効率悪い。そんなことも考えられない人は論外

・インターンで演技してくる学生ってどうなの?

・この人は不採用だから適当な雑談でもしとくか

なんてことも十分あり得るんです。

 

もう一度言わせてください。

就職活動に正解は無いんです。

転職回数5回で第一志望の会社に入社は厳しいでしょ...!

「そうは言っても...転職回数5回で第一志望の会社に入社は厳しかったでしょ?」

はい(笑)

上で「就職活動に正解は無い」なんて偉そうなこと言ってますが、正直厳しい戦いでした。

 

実際僕の職歴はガタガタ中のガタガタなので、書類審査は通りづらいし、

面接でも「なんで3カ月で辞めてるの?」なんてことは突っ込まれまくりでしたし、

通過率も決して良いとは言いづらいものでした。

 

ですが、就職活動を始めたころに行ったSEOコンサルの会社で面接をしてもらって、その後人事の人と何度かやり取りをして、

1か月後に2次面接をして貰って、1週間後くらいに合格通知を頂いてます。

 

合格を貰うまでの間にも色々な企業の面接に行きました。

多い時なんて、1日4件面接の日もありました。

 

量質転化の法則”って知ってますでしょうか?

要は「下手1回でも、多くの数をこなすことで徐々にその1回の質が上がっていく」というものです。

 

面接もそうで、数をこなすうちに

「こう言われたらこう返そう」

「この話をすると人事の反応は良いな」

「最初よりも緊張しなくなってきてるな」

ってなっていくんですよね。

 

それに加えて、転職エージェントと密に連絡を取って、都度都度アドバイスをもらっていました。

 

そして、履歴書や職務経歴書に関しては全部印刷にして時間を節約し、とにかく面接の回数を増やしていました。

 

そうすることで、面接1回1回の質が高まることは勿論、

面接がうまくいかなくても、「次があるから大丈夫」って思えるし、

「この後帰ってから履歴書書かなきゃ…」っていう精神的負担も0に出来たんですよね。

 

自分の職歴や面接の受け答えに自信がない人は、

面接の量をこなす』×『転職エージェント』×『印刷履歴書』で、就職活動がグッと質のいいものになりますよ!

関連記事:転職サービスは複数使う?それとも一つだけにする?

関連記事:履歴書はweb作成で印刷する時代!絶対的にオススメな3つの理由!

職歴ガタガタでも、第一志望の会社に入社する...!

転職回数5回でも、第一志望の会社に入社することは十分に可能です。

ただし、気持ちを折らずに行動を続けることが必要です。

 

5回、転職活動をしてみて分かったことは、

「過去を判断材料にする会社は多い」ってことと同時に、

就職活動に正解はない」ってことです。

 

自分の未来をしっかりイメージして、行動さえできれば、自分のなりたい未来に行くことは可能です。

職歴や年齢が少々ネックになっても、未来を妥協する理由にはならないんですよね。

 

もっと具体的な内容や、方法などを知りたい方はコメントやLINE@なんかもお待ちしてます(^^)/

篠原さん
2カ月と2日ぶりの更新です。お久しぶり!

 

女の子
わぁー!さてはマインドがクソになりかけてましたね(*^^*)?

 

おすすめの記事