お疲れ様です!

なまけ者アフィリエイターのっちです!

 

転職活動を行う上で、必ずと言って良いほど利用するのが“スカウトメール”です。

この“スカウトメール”、新卒で就職活動をした時に就活サイトにそのような機能は無く、

転職活動をする人は慣れないかもしれません。

 

 

大体の転職サイトでは、スカウトメールによって企業と転職者を結びつけるサービスが行われており、

そのメールが来ると、就活者は

この企業は私のこと必要としてくれてるのではないか?もしかしたら内定が確約されてる!?

なんて嬉しくなってしまいます。

 

ですが、ちょっと待ってください!

スカウトメールの内容だけを真に受けて、面接に行くと痛い目に合うかもしれませんよ!

“スカウトメール”とは...?

転職サイトに登録すると、そのサイトから大量のメールが届きますよね。

転職サイトから来るメールは、大体3パターンに分類できます。

タイプマッチ自動紹介メール

事前に転職サイトに入力した内容によって、機械が自動的に企業をピックアップして紹介してくれるものです。

 

“営業職希望”と入力していれば、営業職を募集している企業の情報が数多く届きます。

また、“企画営業職”、“販売職”、“SP営業職”など、営業職に近い企業まで

幅広くピックアップされるのが特徴です。

 

届くメールのうち、全体の50%を占めるのが、この“タイプマッチ自動紹介メール”です。

メールが届いても、応募するところから一般の検索からの応募者と同じ立ち位置になるため、

書類審査

1~3回面接(場合によってはテスト)

内定

の流れになります。

そんなにアツくはないです。

転職エージェントによるピックアップ紹介メール

各転職サイトに所属する転職エージェントが、あなたに合った企業をピックアップして紹介してくれるものです。

関連記事:内定取得率50%UP!転職エージェントの選び方。

 

転職エージェントが、“あなたの希望に沿った企業”、“今のあなたに内定が出やすい企業”を

選び出して紹介してくれます。

自動紹介ではないぶん、紹介される企業の精度が高いのが特徴です。

 

届くメールのうち、全体の30%を占めるのが、この“転職エージェントによるピックアップ紹介メール”です。

こちらも、応募するところから一般の検索からの応募者と同じ立ち位置になるため、

書類審査

1~3回面接(場合によってはテスト)

内定

の流れになります。

転職エージェントが“今のあなたに内定が出やすい企業”をピックアップしてくれてる分、

少しだけアツいです。

企業からのスカウトメール

企業があなたのプロフィール、web履歴書、職務経歴書を見て、興味を持ってくれて、メールをくれるものです。

 

企業の採用担当者が直接あなたのプロフィール、web履歴書、職務経歴書に目を通してるので、

上記2つが“就活者側からの発信”なのに対し、スカウトメールは“企業側からの発信”なのが特徴です。

 

届くメールのうち、全体の20%程が、この“企業からのスカウトメール”です。

企業側があなたに興味を持った段階でのスタートとなるため、スカウトメールの多くの場合は

1~3回面接(場合によってはテスト)

内定

の流れになり、書類審査が免除されることはが多いです。

“企業側からの発信”、“書類審査が免除”なので、上記2つと比較すると結構アツいです。

 

でも、一つ注意していただきたいのは、

スカウトメールの内容がいくらアツくても、内定とは全く別問題”ということです。

 

いくら、スカウトメール内に“あなたと一緒に働きたいです!”みたいなことが書いてあろうと、

それを鵜呑みにして面接に行って、内定に大きな期待を寄せていると、痛い目に合うかもしれませんよ!

 

また、この“スカウトメール”、場合によっては“ヘッドハンティング”なんて呼び方をしているサイトもあります。

ヘッドハンティング”なんていうと、いかにも

「キミの戦力がうちの企業には必要不可欠だ。給料を倍出すから、是非うちに来てくれないか?」

なんて言われてる感じがして、嬉しくなっちゃいますよね!

 

でも、これも、転職サイトにおいては上記の“スカウトメール”と同じように使われてる場合が多いです。

 

では、実際にあったスカウトメールの内容を見ていきましょう!

実際にあったスカウトメールの例文...!

アフィリエイターのっちさん

初めまして、株式会社SSWeb採用担当の田中と申します。

プロフィールを拝見し、ご連絡させていただきました。

・Web集客コンサルティングへの理解の深さ
・顧客獲得からフォローアップまで一貫して携わりたいという意欲
・社会そのものに貢献することを目的とする仕事観

という点で、弊社にてご活躍いただけると感じております

弊社は創設から6年目を迎え急成長中のWEB企業です。

事業内容は主に3つ。

■WEBマーケティング事業
■アナログリサーチング事業
■SP営業戦略事業

この他に新規事業もあり、さらに会社を大きくしてくれる仲間を募集中です。

ご興味をお持ちいただけましたら、下記から弊社HPをご覧いただければ嬉しいです。

http://ssweb.co.jp/

弊社のことをより知っていただきたいとも思いますので、一度お話しませんか?

お忙しいこととは思いますが、お返事お待ちしております。

どうぞよろしくお願い致します!

人事 採用担当 田中

※主要部分、企業情報が特定できる部分は変更してあります。

どうですか?

特に、赤文字の部分に注目してほしいです。

 

こんなスカウトメールが来たら、就活者は

俺のこと必要としている企業なんじゃないか?これはもう内定出たようなものでしょww

なんて思ってしまってもおかしくありませんよね。

 

僕も実際このスカウトメールをくれた企業に面接に行ってみました。

ですが、結果は...短期退職とか現職とかの理由を根掘り葉掘り聞かれて、面接終了。

当然、後日お祈りメールが届きました。

せっかくなので僕の過去の職業遍歴を載せておきますw

関連記事:会社を辞める理由...不動産営業が24時を過ぎても帰れない理由とは!

関連記事:“ゆるブラック企業”が知らないうちにあなたをダメ人間にする!

 

この企業の面接は本当にあっさりとしたものだったんです。

スカウトメールなんて、所詮そんなものなんです。

スカウトメールの内容に過信するべからず...!

スカウトメールをくれた企業は、少なからず、少しはあなたに興味を持ってくれてるということです。

僕が受けたスカウトメールのようなものばかりでなく、もしかしたら

本心から「きみの力がうちには必要なんだ!」って言ってくれる企業もあるのかもしれません。

 

でも、そのスカウトメールの内容と、実際の面接内容は切り離して考え、

“内定”を出すのは他の応募者と同等に比較されてると思ったほうが良いかと思います。

 

あなたの就職活動が、少しでも楽に、いい方向に進むことを願っています。

篠原さん
とある木曜日の転職日記です。

 

女の子
わぁー!大変そうですね(*^^*)!

 

おすすめの記事